FC2ブログ

Entries

百人一首・三十六歌仙歌人の藤原敏行、死後に地獄に落とされる逸話を作られる

生年不詳、延喜七年(907年)または延喜元年(901年)

藤原 敏行は、平安時代前期の歌人で書家としても有名である。
陸奧出羽按察使の藤原富士麻呂の子供。三十六歌仙の一人。母は紀名虎の娘。
そしてその彼女の兄弟の有常の娘、つまり敏行には従姉妹の関係になる女性を妻にしている。
更に在原業平の妻は、この敏行の妻の姉である。

貞観八年(866年)少内記。大内記・蔵人を経て、貞観15年(873年)従五位下に叙爵し、中務少輔に任ぜられる。清和天皇の時代では大宰少弐・図書頭、陽成天皇の時代には因幡守・右兵衛佐を歴任。仁和二年(886年)右近衛少将。宇多天皇の時代には、寛平六年(894年)右近衛権中将、寛平七年(895年)蔵人頭と要職を歴任し、寛平八年(896年) 正月に従四位下に叙せられるが、同年の四月病気により蔵人頭を辞任。寛平七年(895)、蔵人頭。同九年、従四位上右兵衛督。寛平九年(897年)の九月には、右兵衛督に任ぜられた。


そして藤原敏行は在原業平の妻の妹を自分の妻にしているため、これも三十六歌仙の一人であったこの業平とも親交があった。子供には歌人で参議になった伊衡などがいる。三十六歌仙の一人。
能書家としても名高い。小野道風が古今最高の能書家として空海と共にこの藤原敏行の名を挙げており、更に明治時代の三筆である中林梧竹も日頃から、空海と敏行の書跡を携帯していたという。


この藤原敏行の現存する書跡は、彼自身の署名のある、京都神護寺の鐘銘だけである。この鐘は貞観十七年(875年)に完成しており、日本国宝の一つ。この鐘についての序詞は橘広相、銘文は菅原是善、そして揮毫は藤原敏行による銘文が刻まれている。
橘広相は平安初期の学者で文章博士。橘諸兄の五世の孫で、父は若狭守峰範。
学才に優れ、また博学の評判も高く、陽成天皇・光孝天皇・宇多天皇の三代に仕えた。
菅原是善は漢学者。菅原道真の父。島田良臣らと『日本文徳天皇実録』 を撰した。また『東宮切韻』 (20巻) 、『銀ぼう翰律』 (10巻) 、『集韻律詩』 (10巻) 、『会分類聚』 (70巻) 、『類聚名義抄』などを撰している。


そしてこのように、それぞれ、平安時代初期から前期にかけての、序・銘・書の技芸に優れた人物達の手によるものであるために、京都の神護寺は「三絶の鐘」と称される他、「銘の神護寺」と呼ばれることもある。
『宇治拾遺物語』によれば、敏行は多くの人から法華経の書写を依頼され、200部以上を書いたが、魚を食う、女性を抱くなど、不浄の身のままで書写をしたので、彼は死後に地獄に落ちて苦しみを受けたという。
また他にも、亡くなった直後に生き返り、自らのお経を書いて、ふたたび絶命したという伝説なども伝えられている。


それにしても、世俗の身で書道が得意というだけで、その死後にこんな恐ろしい逸話まで作られてしまうんですね。

「住の江の 岸による波 よるさへや 夢の通ひ路 人目よくらむ」
藤原敏行が宮中の歌会に出席した時に、想いを寄せる女性のことを想像して詠んだ歌だとされます。


 一 すみの江(現在の大阪市住吉区の海辺)の岸にうち寄る波の「よる」という言葉のように、どうして私は、夜の夢の中でまでも、恋するあなたの家へ通う路で、人目を避けなければならないのだろうか。

二 すみの江(現在の大阪市住吉区の海辺)の岸にうち寄る波の「よる」という言葉のように、どうしてあなたは、夜の夢の中までも、人目を避けようとするのだろうか。
この和歌の解釈は二説存在している。一は、人目を避けているのは詠み手。
そして二では、人目を避けているのは恋人側というもの。
この二通りの解釈では「夢のかよひ路」の解釈に違いがあり、一は「夢を見る」と「恋人の家へ向かう路」を掛けているが、二の肩では「夢を見る」の意味だけとなる。そして一の解釈の方が主流。


それから平安時代では、夢というのには特別な意味があり、見た夢で吉凶を占う夢占いなども盛んに行われた。
また、夢に恋する相手がよく現われる程、相手が自分のことを思ってくれている証だとされてきた。
スポンサーサイト

百人一首・「土佐日記」の著者としても有名な三十六歌仙歌人紀貫之

貞観8年(866年)または貞観14年(872年)、あるいは16年などの諸説あり。 
天慶8年(945)、あるいは天慶9年頃。
下野守である紀本道の孫。紀望行の子。官位は従五位上・木工権頭、贈従二位。『古今和歌集』の選者の一人で、三十六歌仙の一人。子供には後撰集の撰者である時文がいる。そしてこれも三十六歌千の一人である紀友則は従兄。
幼名は「阿古屎(あこくそ)」。
ちなみになぜ、公家の男児にこのような「屎」と称する名前が付けられている理由だが。
こうした名前は、「辟邪」、つまり、あえてこうした屎や尿などという汚れたものにちなんだ醜名を付けることにより、邪神や疫神を避けられるという、日本の古代からの風習によるものである。
既に古代から女性名でも「久曾賣」や小屎賣」などの同様の名前が存在していた。
女性名では「醜女型」に分類されるもの。
そしてこの貫之の「「阿古屎」も、そうした醜女型の名前の男性型だろう。
更に私もこの呼称については既に何回か戦国時代の女性名に関する記事の中で触れているように、「阿古」というのは「我が子」という意味の愛称の「阿古」であり、先の醜名型と合体した形の名前だろう。


紀貫之は幼少で父と死別。紀貫之は若くして歌才を表わすようになり、寛平四年(892)以前の「寛平后宮歌合」、「是貞親王家歌合」に歌を採られている。昌泰元年(898)、「亭子院女郎花合」にも出詠。ほかにも「宇多院歌合」(延喜五年以前か)など、宮廷で活躍し、請われて、多くの屏風歌も作成。そして延喜五年(905)には、醍醐天皇の勅命により、初の勅撰和歌集である『古今和歌集』二十巻を紀友則・壬生忠岑・凡河内躬恒と共に撰上。また、仮名による序文である仮名序を執筆している。そしてこの中の「仮名序」は、紀貫之の歌論としてよ有名である。この「やまとうたは人の心を種として、よろづの言の葉とぞなれりける」で始まるこの仮名序は、後代の文学に大きな影響を与えることになった。また『小倉百人一首』にも和歌が収録されている。
家集『貫之集』を自撰した。延喜十三年(913)、宇多法皇の「亭子院歌合」、醍醐天皇の「内裏菊合」に出詠。
官職は御書所預を経たのち、延喜六年(906)、越前権少掾。内膳典膳・少内記・大内記を経て、延喜十七年(917)、従五位下。延長元年(923)には大監物となり、右京亮を経て、延長八年(930)には土佐守に任ぜられる。



そしてこの延長八年には、紀貫之は醍醐天皇の勅命により『新撰和歌』を編纂するが、同年の九月に、醍醐天皇は譲位直後に崩御。承平五年(935)に、紀貫之は土佐より帰京。その後も藤原実頼・忠平など貴顕から機会ある毎に歌を請われるが、官職には恵まれず、不遇をかこつ。やがて周防の国司に任ぜられたか、天慶元年(938)には周防国にあり、自邸で歌合を催す。
天慶三年(940)、玄蕃頭に任ぜられる。同六年、従五位上。同八年三月、木工権頭。同年十月以前に死去。
そして三代集は全て最多の入集歌人。勅撰入集計四百七十五首。
このように、紀貫之が勅撰歌人として『古今和歌集』(101首)以下の勅撰和歌集に435首の和歌作品が入集しているのは歌人の中で最高数であり、彼は三代集時代の絶対的権威者だった。また紀貫之の『土佐日記』は、わが国最初の仮名文日記作品とされている。そして日本の日記文学で完本として伝存するものとしては、これが最古のものであり、その後の仮名日記文学や随筆、女流文学の発達などにも大きな影響を与えた。このように、紀貫之は平安時代の文学に大変に大きな影響を与えた人物である。
紀貫之は『大鏡』や『袋草紙』などにも、登場している。
また、彼はこれも三十六歌仙の一人である小野小町の歌を大変に高く評価しており、「古今和歌集」の序文の中で、その歌の作風を古代の絶世の美女として知られる衣通姫に例えて批評しており、更にこの批評が小野小町の絶世の美女伝説のきっかけになったのではないかとも、されている。そしてこれも三十六歌仙の一人である伊勢とは邸が近く、伊勢の娘の中務のことを自分の孫のように可愛がっていたという。また、この中務との歌の贈答もある。


「人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける」

さて、あなたの心は昔のままなのかどうかは、わかりませんが。しかし、馴染みの深いこの里では、昔そのままに梅の花の香りが匂っているではないですか。

ある春の日、初瀬の長谷寺に参詣する度に、泊まっていた宿の主人に、 すなわち、昔は初瀬の長谷(はせ)寺へお参りに行くたびに泊まっていた宿にしばらく行くことがないまま、何年も後に訪れた時に、宿の主人からこのように宿は昔のまだというのに、あなたは随分とおいでにならなかったですねというように、言われた。そこで紀貫之はその辺りの梅の枝を一本折って、この歌を詠んだと伝えられる。そしてこの宿の主人が男性なのか女性なのかは、定かではないようですが。
しかし、その辺に咲いていた梅の枝を一本手折って詠んでみせる粋な感じの様子とか、この歌の調子などからして、何となく、この宿の主人は女性なのでは?という印象が強いです。随分と長い間、こちらの宿への訪れがありませんでしたわね?というような、どこかやんわりと恨んでいるような様子に思える、最初の主人の問いかけなどか想像してみても。


「伊勢物語」でも有名な恋多き美男の天才歌人在原業平

在原業平は平城天皇の第一皇子阿保親王、母は桓武天皇の皇女伊都内親王で、業平は父方は平城天皇の孫・桓武天皇の曾孫。そして母方は桓武天皇の孫。兄に似は仲平・行平・守平がいる。血筋からすれば業平は、このように非常に高貴な身分である。
しかし、叔父に当たる高岳親王が「薬子の変」に関連して廃王子となり、皇統が嵯峨天皇の子孫へ移っていたこともあり、天長三年(826年)に父阿保親王の上表により、業平は臣籍降下し、兄の行平らと共に在原朝臣姓を名乗ることになった。
業平の子供の棟梁・滋春、孫の元方も勅撰集に歌を収める歌人である。
また業平は兄の行平と同じく、鷹狩の名手であったとも伝えられる。それから業平は妻の妹を娶った藤原敏行と親交があった。


業平は仁明天皇の時代には左近衛将監に蔵人を兼ねて天皇の身近に仕え、仁明朝末の嘉祥2年(849年)無位から従五位下に直叙される。文徳天皇の代になると全く昇進が止まり、以後十三年間にわたり叙位もされず、不遇な時期を過ごす。
しかし、清和天皇の時代の貞観四年(862)から、業平はようやく再び昇進し、従五位上に進み、以後は左兵衛権佐・左兵衛佐・右馬頭・右近衛権中将などの武官を歴任し、陽成天皇の時代になってからも昇進を続け、元慶三年(879)頃、蔵人頭の重職に就任する。そしてこの昇進の背後には、かつての恋人であった二条后の藤原高子の引き立てがあったのではないかと推測されている。
しかし、この翌年の元慶四年の五月二十八日、卒去した。五十六歳。最終官位は従四位上。
また、業平は文徳天皇の皇子である惟喬親王に仕え、和歌を奉るなどしている。藤原高子のサロンで詠んだ歌もある。
そして貞観十七年(875)には、藤原基経の四十賀に歌を奉った。


『三代実録』には「体貌閑麗、放縦不拘、略無才覚、善作倭歌」とある。『日本三代実録』に「体貌閑麗、放縦不拘」と記されている。
姿かたちは雅やかで麗しく、漢文や漢詩などの才能は乏しいが、和歌には優れているという意味。
また『伊勢物語』の主人公は業平その人であると古くから信じられていた。
そして特に藤原高子や伊勢斎宮との恋を描く段、東下りの段などは名高い。歌人としては家集『在原業平集』(『在中将集』)があり、これは古今集・後撰集・伊勢物語・大和物語から業平関係の歌を抜き出して編集したものと考えられている。六歌仙・三十六歌仙。古今集の三十首を始め勅撰入集は八十六首。


このように、業平は早くから『伊勢物語』の主人公と同一視され、伊勢物語の内容は、ある程度業平に関する事実であるかのように思われてきた。『伊勢物語』では、文徳天皇の第一皇子でありながら母が藤原氏ではないために帝位に就けなかった惟喬親王との交流や、清和天皇女御で皇太后となった二条后藤原高子、惟喬親王の妹である伊勢斎王である恬子内親王とみなされる女性達との恋などが語られている。また、業平はこれも同じ三十六歌仙の一人である小野小町とも交流があり、彼らが恋人同士だったいう話もある。そして『三代実録』の「体貌閑麗、放縦不拘」の中の物事に囚われず自由奔放なことという記述とも重なり、在原業平は高貴な生まれでありながらも、既存の体制に反抗し、また情熱的な恋をする貴公子のイメージがある人物。
なお『伊勢物語』成立以降、恬子内親王との間には密通によって高階師尚が生まれたという説が生まれ、以後高階氏は業平の子孫であると称した。惟喬親王の従姉にあたる紀有常の娘を妻とし、紀氏と交流があった。また長男の棟梁の娘は祖父基経の兄である藤原国経の妻となった後に、基経の嫡男時平の妻になっている。それから在原業平は三十六歌仙の一人ではあるが、自撰の私家集は存在しない。現在伝わる『業平集』と呼ばれるものは、『後撰和歌集』成立以降に、業平作とされる短歌を集めたものとされている。


なお「伊勢物語」の有名な主人公と深窓の姫君の駆け落ち、そして彼女は鬼に食われてしまったという悲恋の「芥川」は、在原業平と藤原高子の実際の恋に基づいているのではないか?とも、考えられています。
藤原冬嗣の娘の高子は、未来の女御候補として、入内前は仁明天皇の后だった藤原順子の屋敷である東五条院で暮らしていた。
そしてそんな東五条院に在原業平は忍び込み、藤原高子の元へと足繁く通っていたそうです。
更におそらく、これも「芥川」の話と同様の経緯を辿り、一旦彼らは駆け落ちをするものの、将来の妃候補である大切な藤原高子を必死で捜索した高子の兄の藤原基経により見つかり、連れ戻されたのではないかと考えられます。
やはり、「伊勢物語」の逸話という形で広く知られている、この藤原高子との恋は、在原業平の情熱的な恋の話の一つでしょう。



ある時、業平は清和天皇の女御の高子に招かれてお屋敷を訪ねたが、かつての恋人である高子に「屏風に自分達の恋を和歌にして書いてくれるようにと願われ、業平はこの和歌を作ったと伝えられています。
そしてこの歌は、実際の川を見て歌ったのではなく、皇后の高子が所有する、龍田川の絵が描かれている屏風に添えるための歌を頼まれ歌ったものだとれています。そしてこのように、先に作られた屏風に後から添えられた歌を「屏風歌」と言いました。
そして 「水くくる」の「くくる」は「くくり染め」のことです。「からくれない」は、 唐(中国)から伝えられた鮮やかな赤色のこと。

「ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは」
神代の時代にさえも、こんなことは聞いたことがない。竜田川一面に紅葉が散り敷いて、流れる水を鮮やかな紅色に染め上げるなどということは。

こうした業平のこの和歌の作成の経緯から考えると、単に秋の紅葉の美しさを詠んだ歌というよりも、恋の情熱を燃えるような紅葉に例えたという意味なのかもしれませんね。ただの秋の紅葉の美しさについて詠んだ歌として聞くよりも、趣き深い感じです。
また、青い竜田川の水面にまるで紅葉がくくり染めのように鮮やかな模様を描いくなんて、色彩などのイメージも鮮烈ですし。
それに、秋の紅葉の赤を唐紅というこれまた鮮やかな赤になぞらえる所なども、さすがという感想を覚えますし。
業平の歌人としての感性の鋭さとテクニックが同時に現われている歌かもしれませんね。

五節の舞姫を天女に例えた、百人一首でも有名な三十六歌仙歌人僧正遍昭

私がこれまでにも何回か指摘していることですが、武田信玄夫妻は、和歌などの王朝文化に親しんでいた形跡が見られます。
しばしば、彼ら夫婦が甲府内の各寺院で、禅僧や公家らを招いて歌会を催し、このように日頃から、彼らが和歌に親しんでいたこともわかるのですが。ただ、残念ながら具体的には、彼らが特に平安時代のどの歌人を好んでいたのかまでは、わかりません。
しかし、多少それらについて、考える手がかりになるのでは?と思われる点としては。
自身も当時最高の教養人であった具平親王や藤原公任が選んだ「三十六歌仙」の歌人達です。
そして私も今までの記事の中でも書いているように、鎌倉時代頃までには三十六歌仙関連絵巻が数多く作られました。
更に京の文化が地方にも伝播していくにつれて、この鎌倉時代や戦国時代頃の間に、神社や仏閣などにこれら歌仙絵が扁額、一種の絵馬としての形で奉納され、戦いの勝利や子孫繁栄などの祈願をする習慣が広まりました。
実際にも山梨県の窪八幡神社や美和神社などに、武田信玄や武田義信により、こうした三十六歌仙板絵が奉納されています。
これらのことからも、信玄夫妻にとっても、三十六歌仙に選ばれている歌人達は、特に馴染みの深い歌人だったのではないかと想像されます。そして特に三条夫人は、やはり女性歌人の恋の歌を好んでいたのではないか?ということで、主にこれまでは三十六歌仙の女性歌人達を紹介してきましたが。更にこれからは、平安時代の貴族歌人で、男性の方も紹介していこうかと思います。




弘仁七年(816)~寛平二年(890)桓武天皇の孫。大納言の良岑朝臣安世の八男。
俗名は良岑宗貞。更にこれも百人一首に選ばれている歌人の素性法師は、この僧正遍昭が在俗時にもうけた息子。
左兵衛佐、そして蔵人・従五位下・左兵衛佐、左近少将などを経て、蔵人頭に就く。
嘉祥三年(850年)正月に従五位上に叙されるが、嘉祥三年三月の寵遇を受けた仁明天皇の崩御により出家する。
この時三十五歳。比叡山に入り、慈覚大師円仁より菩薩戒を受け、台密の修行に励む。貞観十年(868)に創建された花山寺(元慶寺)の座主となる。また、貞観十一年(869)に仁明天皇の皇子常康親王より譲り受けた雲林院をその別院とした。
元慶三年(879)、権僧正。仁和元年(885)十月、僧正。そして花山僧正と呼ばれるようになる。
同年十二月、七十の賀を光孝天皇より受ける。
寛平二年正月十九日、七十五歳で死去。
六歌仙・三十六歌仙。後世の他撰家集『遍昭集』がある。惟喬親王や小野小町などと歌を贈答している。
古今集に十七首、勅撰集入集歌は計三十六首。



そして百人一首に選ばれているこの歌は、遍昭がまだ仁明天皇に仕えていた頃、毎年十一月に行われる宮中儀式の踊りである「五節の舞」を見て作られたものと言われています。五節の舞姫達が舞う様子を天女に例えたものです。
「源氏物語」でも出てくる代表的な宮中行事である、五節の舞姫の乙女達のそのいかにも華やかで優雅な一場面が浮かんでくるような歌だと思います。
「天つ風 雲のかよひ路 吹きとぢよ 乙女の姿 しばしとどめむ」

天空を吹き渡る風よ、雲の中にあるという道を吹いて閉じてくれないか。天上に帰っていく天女達の姿を、しばらくここに引き留めておきたいから。

戦国女性の名前の名付けられ方の各特徴

既に私も数回に渡る記事の中で、何度か取り上げてきたように。戦国時代の女性の名前には、様々な種類があり、その名付けられ方にもいろいろなパターンがあることがわかります。


動物の名前。特に実際にその女性の生まれた年の、子年・辰年・寅年・午年の干支にちなんで、名付けられたと思われる名前。
武田信玄妹・諏訪頼重正室の禰々、豊臣秀吉正室の禰々、織田信長妹の犬。豊臣秀吉側室の京極龍子・豊臣秀吉側室で蒲生氏郷妹のとら。豊臣秀次側室で最上義光娘の駒姫。


女性名の「単純型」に分類される名前。
織田信長妹で浅井長政正室の市。
鎌倉時代の女性名の「市女」の「女」が簡略化された名前。
京極高次正室の初。厳密には彼女は次女だが、この「初」という名前は鎌倉時代から基本的には、初めて生まれた女児に付けられた名前「初女」の簡略化された名前。
とはいえ、名前の分類としては、この「初女」は「単純型」に分類される名前。

公家の女性の幼名あるいは愛称に基づいた名前。豊臣秀吉側室の茶々。


それから、浅井三姉妹の三女の江の名前については、いくつか説がある。
だが、都風の女性名に「ごう」という名前があり、おそらく、近江が京に近いこと、そして姉の茶々も、これも都の公家の子供の愛称が付けられていることから、その妹のお江の「ごう」も、これも都風の「ごう」という名前に由来するのでは?と個人的には判断。
そして前述の駒姫の別名の「おいま」。これも、典型的な都風の女性名であることから、おそらく、豊臣秀次側室として、新たに彼女に与えられた名前だと考えられる。そして彼女と共に刑死した侍女の名前として記録がある「おこちゃ」。そしてこの名前も、やはり、典型的な都風の女性名であるため、おそらく、これも本来のこの侍女の実名も、他に存在していたと思われる。主人の駒姫と共に、その侍女の彼女も、こうして新たに都風の名前を与えられたということではないだろうか?


生まれた順番の「順位型」に分類される名前。
豊臣秀吉の母のなか。おそらく、これは順位型の「中王女(次女)」に相当すると考えられる。
徳川家康の母の大。おそらく、これは順位型の「大王女(長女)」に相当すると考えられる。


「生物型」の名前で、更におそらく、姉妹の順位にちなんで付けられているのではないか?と考えられる名前。
武田信玄五女と六女の松姫と菊姫。最上義光の三人の娘の松尾姫・竹姫・禧久姫(きく)。
生活用品から付けられた名前。
織田信長側室のおなべ。織田信長の娘の五徳。
それから、当時はおなべの他に、「こなべ」という名前もあったようです。面白いですね。
本能寺の変で死亡した侍女の中に、おなべという名前の女性の他にこのこなべという名前の女性もいたとか。

参考文献「日本の女性名 上・中 角田文衛 教育社」


名前と干支、武田信玄妹と豊臣秀吉正室の禰々の名は子年から?

続・女性名と生年の干支との関係、秀吉側室龍子ととらは辰年と寅年?

戦国女性の混成古代的名前、「松菊」という名なども、信玄娘松姫と菊姫の姉妹の順を示していた

戦国女性の名前、接頭語「お」の起源と名前

戦国女性の名前 お江の名は姉の淀殿の「茶々」と同じく、都風の名前

ご案内

プロフィール

KAGARISAYO

Author:KAGARISAYO
私は長年の間、武田信玄正室三条夫人について、その研究を続けています。そして私は、三条夫人の復権と積極的な再評価を目指しています。
私は昔から三条夫人についての、その数々の否定的な扱いや評価には、納得がいかないものを感じ続けていました。


どうもその恒例の彼女の悪女扱いも、彼女が個別でそのように捉えられているというよりも、徳川家康正室でこれも悪女だとされる、築山殿と同一視されている気配を何かと感じてしまうし。更にその内に、これはぜひとも自らの手で、三条夫人の実像、そして彼女が武田信玄正室として、どう生きたのか?
その生涯について、解明したいと思うようになりました。


また、彼女の他にも武田勝頼生母の諏訪御料人など、武田信玄関連の女性達については、史実に基づかない、捏造された逸話ばかりが流布しており。
私はこうした現状を憂慮し、ぜひ、なるべく史実に沿った情報の発信をしていきたいと思っています。それから、このブログ名になっている「西方の一美人」というのは、武田信玄もその学識や人物に深く傾倒し、親しく交流していた名僧快川和尚がその追悼の言葉の中で三条夫人を評した「愁殺す、西方の一美人」という一節。
ここから採ったものです。


私の武田信玄正室三条夫人のサイトについての、連絡先変更のお知らせ
すみませんが、今後私のサイトの方のログインができなくなってしまったので、連絡先の変更のお知らせです。
今後サイトについての感想などがある場合は、こちらのブログのメールフォームの方からお願いします。

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: